インタビュー Interview

北陸ヒトコト persons & things in hokuriku.

歌手 CHIKO さん

1989年生まれ。コンゴ人の父と日本人の母の間に生まれ、3歳のときから富山県で暮らす。2012年よりプロの歌手として活動をスタートさせ、今では音楽にとどまらない幅広い取り組みを行っている。今年の6/24には待望のデビューアルバム「A DAY IN THE LIFE」をリリース。

CHIKOさんが歌う「北陸電力コーポレートメッセージソング」は、北陸電力株式会社 公式YouTubeチャンネルよりご視聴いただけます。

お互いの違いを認め、楽しむ喜びを
歌に乗せて。

富山を拠点に全国へと活動を広げながら、その高い歌唱力でファンを魅了し続けるCHIKOさん。コンゴ民主共和国出身でミュージシャンの父を持ち、幼少期から音楽が身近な環境で育ったものの、はじめは音楽の道に進むつもりはなかったという。

そんなCHIKOさんが歌手を志すようになったのは高校3年生のとき。そのきっかけのひとつに世界的アーティスト、マイケル・ジャクソンの存在がある。「彼はその容姿のために話題になることも多かったけれど、歌っている彼はとてもイキイキとしていたし、常にファンからも愛されているのを知りました。それまでの私はハーフである自分の外見や周囲の反応にずっと悩んでいましたが、もしかすると音楽は自分が自分らしく輝ける“居場所”になるかもしれないと感じたんです」。そして「これからは自分を好きになるために生きなさい」という母の言葉も後押しとなり、高校卒業後は東京の音楽学校へと進学。歌手になるための一歩を踏み出した。

音楽学校を卒業して富山に戻ってからは地道にライブ活動を続け、「私の自信の源」と称する富山の人々のあたたかさに支えられながら、2012年よりプロとしてのキャリアをスタートさせた。これまでの8年について「歌をきっかけに、新しいつながりが生まれていった8年間でした」とCHIKOさんが振り返るとおり、最近では北陸電力のコーポレートメッセージソングを歌ったり、TV番組への出演やラジオパーソナリティーも務めるなど、年々その活躍の幅を広げている。

そんな多忙な日々を過ごす彼女だが、歌手活動以外にも国際交流のイベントなどにも力を入れている。その根底には彼女の特別な想いがあった。「偏見は無知から生まれるものだと思っていて、知ることで変わることもきっと多いはず。私も昔は“普通”という概念に苦しみましたが、お互いの違いを楽しむ喜びを伝えていきたい。それは私の歌にも通じることなんです」。そう笑顔で語るCHIKOさんは、これからもたくさんの人々をその歌で励まし、また勇気を与えてくれるに違いない。

富山県外の音楽イベントで歌う機会も多いCHIKOさん。「富山のみんなが誇れる存在になりたいし、いつか海外で自分の力を試してみたいですね」と意気込む。
Presentサイン入りポストカード付き!CHIKOさんのデビューアルバム「A DAY IN THE LIFE」を
 抽選で50名さまにプレゼント!2020年6月24日に発売されたCHIKOさんのデビューアルバムは、オリジナル曲はもちろん、古今東西の名曲など全9曲を収録。ジャズ・ヴォーカリストとしての新たな境地を詰め込んだ1枚を、今回は特別にサイン入りポストカード付きでプレゼントします。応募方法 応募期間 2020年7月26日(日)~8月2日(日)
ハガキで応募 ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、本誌で特に関心を持った記事や感想をご記入いただき、下記宛先までお送りください。〒930-8686 富山市牛島町15-1 北陸電力(株)地域広報部 プレゼント係
WEBで応募 「えるふぷらざNet」内の応募フォームに必要事項を記入の上、お送りください。www.elfplaza.jp
 ※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。※お客さまからお預かりした個人情報は賞品発送のみに利用し、その他の目的に利用したり第三者に開示したりすることはありません。※いただいたご感想などは誌面でご紹介する場合がありますので、予めご了承ください。その場合には、個人を特定しない形で記載させていただきます。
応募はこちら
もどる Top